日本で相続が発生してから申告・納税までのタイムスケジュール

Q.  日本で相続が発生してから申告・納税までのタイムスケジュールはどのようになっているでしょうか?

A.  相続の発生から10ヵ月以内に相続税を計算し申告・納税を行いますので、それまでに納税額を確定し、納税資金を準備する(物納、延納、土地売却による納税が必要かどうか)必要があります。相続税の対象となる海外の財産等がある場合は、このスケジュールを考慮して進めることになります。

〈解説〉
一般的な相続税の申告スケジュールは下記になります。海外のプロベート手続きは長期化する傾向があるため、相続税の対象となる海外の財産等がある場合は、このスケジュールを考慮し、相続税の申告に間に合うように進めることになります。プロベート手続きが完了するまでの間、換金された資金の一部を送金することは原則としてできませんので、特に納税資金については事前に考慮する必要があります。